長友佑都・中山雄太VS爆速のトラオレならどうなる? サッカー界“最速級FW”が狙うスペイン代表入り

ウルブズで徐々に調子を取り戻すトラオレ photo/Getty Images

そのスピードはDFにとって悪夢

テクニシャンが揃うスペイン代表の中盤と前線にスーパーサブを加えるとすれば、やはりウォルバーハンプトンFWアダマ・トラオレは魅力的な選択肢となるだろう。得点に直結するプレイは多くないが、とにかく速い。

スペインが優勝した2010年のワールドカップ・南アフリカ大会ではサイドからの仕掛けを得意とするヘスス・ナバスが流れを変えるジョーカー的役割を果たしていたが、トラオレにも同様の働きを求めるのは可能だ。

トラオレは今季から再びウォルバーハンプトンでプレイしているが、18日に行われたプレミアリーグ第12節クリスタル・パレス戦ではついに得点も記録した。ワールドカップまで残り少ない時間で代表監督ルイス・エンリケにアピールする考えで、トラオレは夢を捨てていない。
「シーズンの序盤は怪我をしていたからね。まだ徐々に慣らしているから90分間はプレイしていないけど、先発したゲームに関しては満足している。先週はチームを助けるPKをゲットしたし、今日はゴールも決められた。スペイン代表入りは全選手の夢だと思うよ。監督の判断によるけど、招集された場合は全力を尽くすよ」(スペイン『Cadena SERより)。

日本代表はワールドカップのグループステージ最終戦でスペインと戦う予定となっており、後半途中からトラオレのようなスピードスターが出てくるのは嫌だろう。長友佑都や中山雄太VS爆速のトラオレも見てみたいマッチアップではあるが、スピードに乗ったトラオレを1対1で抑えるのは世界の一流DFでも難しい。

流れを変えるオプションとしては魅力たっぷりな選手だが、トラオレのアピールはエンリケに届くだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ