特大の存在感を放つ“怪物ハーランド”がさっそく初ゴール たった1試合でペップ・シティの2つの問題を解決?

さっそくゴールを決めたハーランド photo/Getty images

素晴らしいデビュー戦となった

マンチェスター・シティは24日、バイエルン・ミュンヘンとのプレシーズンマッチを戦った。今季2試合目のゲームで悪天候により試合が中断するアクシデントもあったが、新加入アーリング・ハーランドが見事なデビュー戦を飾った。

12分いきなり試合が動く。フリーキックの流れから敵陣深い位置でケビン・デ・ブライネがボールを持つとボックス内にスルーパスを供給。反応したジャック・グリーリッシュが中に折り返し、最後は中央でハーランドが合わせてシティが先制に成功する。シティ待望のストライカーであるハーランドがいきなり決定機を沈めて見せた。

さらに前半の終盤には再びサイドからのクロスを沈めており、2点目かに思われたが、惜しくもオフサイドの判定に。それでも大きなインパクトを残してフリアン・アルバレスとの交代でベンチに下がっている。

シティがここ数年欲しがっていたストライカーであるハーランドがさっそく結果を出した。まだ味方との連携面では不安な部分はあるが、ゴール前での決定力はさすがだ。シティはこれまでにいくつものチャンスを生み出すも、決めきれないシーンが散見されていたが、ハーランドは1試合目にしてその問題を解決できる可能性を示している。

またハーランドが加わったことでカウンターがより鋭くなったように思える。単純なハーランドの前へのスピードもあるが、ハーランドというフィニッシャーがいることでシンプルにゴールまで向かうことができている。以前であればフィル・フォーデンなのか、ラヒーム・スターリングなのか、ガブリエウ・ジェズスなのか、誰がフィニッシュするか曖昧な場面が多く、せっかくのカウンターでもシュートに持っていけないことが多かった。しかしバイエルン戦では中央に明確なターゲットマンがおり、よりスムーズに相手ゴールにボールを運べている。

英『manchester evening news』ではバイエルン戦のパフォーマンスを振り返っており、ハーランドはデ・ブライネらに続く7点の高評価だ。ゴールもそうだが、とくにオフザボールの動きが称賛されており、印象的なデビュー戦になったといえる。

デビュー戦でさっそくゴールとクラブの期待に応えたハーランド。決定力、スピード、強さ、賢さと必要なものはすでに備えており、リヴァプールとのコミュニティ・シールドでもピッチに立つことになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ