19歳でマルセロを翻弄した10年前 日本とも対戦したロンドン五輪でサラーに気付いた者はいたか

サラーは日本戦でも先発した photo/Getty Images

10年前に才能を見抜いていたか

2012年のロンドン五輪でブラジル代表は準優勝を果たしたが、当時のメンバーを覚えているだろうか。当時はかなり豪華なメンバーを揃えており、まだ若かったFWネイマールやMFオスカル、FWレアンドロ・ダミアン、ルーカス・モウラ、MFガンソ、FWアレシャンドレ・パト、DFアレックス・サンドロらに加え、オーバーエイジでDFチアゴ・シウバ、マルセロ、FWフッキを招集。決勝ではメキシコに敗れたが、ブラジルが優勝を狙いにきていたのは間違いない。

では、そんなブラジルをグループステージで苦しめたチームのことは覚えているだろうか。あれから10年、今や世界を代表するスーパースターとなったFWモハメド・サラーを擁していたエジプト代表だ。

当時のサラーは19歳だったが、グループステージ初戦のブラジル戦ではマルセロを翻弄。途中出場からゴールまで奪っており、ブラジル相手に2-3と善戦した。

サラーの活躍についてオーバーエイジで参加していた主将のモハメド・アブトレイカは「五輪でマルセロ相手に何が出来るかサラーは証明した。マルセロは彼を恐れていたよ」と振り返っている(英『Liverpool Echo』より)。

サラーは結局グループステージで3ゴールを挙げ、エジプトはグループステージを突破。ベスト8では日本代表と対戦しており、このゲームにもサラーは先発していた。試合は日本が3-0で勝利したが、あの時サラーのことを記憶した人はどれだけいただろうか。

あれから10年でサラーは予想を上回る覚醒を果たし、今やバロンドール候補にも名前が挙がるようになった。10年前のブラジル戦できっちりとサラーの素質を見抜いていた人もいるだろうが、あの大会はサラーにとって強烈なアピールの場となっていた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ