チームを離れる可能性が高いシティの逸材たち 第2のフォーデンはいつ現れるのか

フィル・フォーデンに続く逸材は生まれるのだろうか photo/Getty images

トップチーム定着は並大抵のことではない

2008年にクラブが買収され、その豊富な資金力を武器に成長を続けるマンチェスター・シティ。トップチームへの補強の投資だけでなく下部組織の強化も行っており、近年ではMFフィル・フォーデンという素晴らしいタレントがアカデミーから出てきた。18-19シーズンから徐々に出場機会を与えられ、20-21シーズンにはリーグ戦で9ゴール5アシストを記録して本格的にブレイク。その後は主力としてチームをけん引しており、昨季はラヒーム・スターリングやジャック・グリーリッシュらイングランド代表を退け、左ウイングのファーストチョイスとしてリーグ連覇に貢献している。

まだ22歳だが、シティでの存在感は抜群だ。インサイドハーフに加え、3トップであればどのポジションでも起用できるユーティリティ性は重宝されており、昨季は全コンペティションで41試合にピッチに立ち、3184分のプレイタイムを得ている。クラブとしては第2のフォーデンを探しているが、現状上手くいっていない。

今夏の移籍市場では獲得が目立つシティだが、売却も積極的に行われている。決まったところであれば、サウサンプトンにGKギャヴィン・バズヌが放出された。これは確定事項ではないが、FWサミュエル・エドジーやMFダーコ・ギャビ、DFイーガン・ライリー、MFロメオ・ラヴィア、FWリアム・デラップらも売却される可能性があるようだ。ラヴィアやデラップはトップチームへの定着が期待されたタレントだが、アーリング・ハーランドら即戦力の獲得もあってプレイタイムが得られないと考えたのだろう。英『manchester evening news』によるとサウサンプトン行き濃厚なラヴィアには買い戻しオプションが付与されるようで、他クラブでの成長を期待するのか。

彼らがチームから離れることになれば、第2のフォーデンとして注目されるのはコール・パルマーやジェイムズ・マカティくらいになるだろう。パルマーは来季リヤド・マフレズの控えとして積極的に起用される可能性あり、第2のフォーデンになる可能性はある。

スターリングやグリーリッシュ、ガブリエウ・ジェズスらを押しのけるなど若手とは思えない実力を持ち、チーム内での地位を確立したフォーデン。攻撃のクオリティ、守備の強度と必要なものはすでに揃っており、フォーデンに続くアカデミー出身の若手は現れるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ