フェネルバフチェは契約解除に向けて調整中 トルコでも居場所失ったエジルはどこへ行く

フェネルバフチェで無期限メンバー外となっているエジル photo/Getty Images

突然発表された無期限メンバー外

トルコでも居場所を失ってしまった元ドイツ代表のテクニシャンは、はたして今後どのような道を歩んでいくのだろうか。かつてはレアル・マドリードやアーセナルなどで活躍し、“オズの魔法使い”との異名もとった。しかし、彼のキャリアはここ数年ですっかり停滞してしまっている。

そのテクニシャンとは、MFメスト・エジル(33)だ。2010年代にはその左足のキック精度を武器に欧州シーンを盛り上げた同選手。しかし、昨季まで所属していたアーセナルでは、アーセン・ヴェンゲル監督の退任以降にウナイ・エメリやミケル・アルテタといった指揮官の下で出場機会が激減。一時はリーグ戦の登録メンバー外になるなど、その立場は非常に怪しいものに。そんな状況を打開するべく、エジルは昨夏アーセナルを退団してトルコのフェネルバフチェへと向かっていた。

しかし、そのフェネルバフチェでもエジルの居場所はなくなった。今季はチームの中心としてリーグ戦22試合の出場で8ゴール2アシストという好成績を収めていた同選手だが、クラブは現地時間24日に突如としてエジルとMFオザン・トゥファンの無期限メンバー外を発表。トルコ『Aykiri』によると、その原因は指揮官との衝突にあるようで、フェネルバフチェは現在彼との契約を解除する方向で調整を行なっているという。順調に見えたトルコでの時間だが、エジルはこのままサッカー界から姿を決してしまうのか。
現在は新天地探しに奔走しているとされるエジルだが、はたして彼を獲得するクラブは現れるのだろうか。英『Daily Mirror』によると、チャンピオンシップ(英2部)のハル・シティなどは同選手の獲得に興味を示しているとされるものの、その運命やいかに。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ