浦和での新シーズンかそれとも移籍か 今季27試合5得点の杉本健勇の来季は

今季横浜FMでは3得点を決めた photo/Getty Images

今季は後半戦に横浜FMへ移籍するも

今季はシーズン途中に浦和レッズから横浜F・マリノスへとレンタルで加入となった杉本健勇。動向については現在も発表はなく未定のままだ。ストライカーの来シーズンはどうなるのだろうか。

2019年にセレッソ大阪から浦和レッズへ加入し、大きな期待を寄せられたものの、ここまで大きな活躍を見せることができていない。今季の浦和ではレオナルドの移籍や興梠慎三の怪我など、FW不足となった序盤戦に多くの出番を得た杉本は、J1で16試合2得点を記録する。

キャスパー・ユンカーの加入によって出場機会が限られると、横浜FMへとレンタル移籍して11試合3ゴールを挙げた。ここまで公式の発表はないものの、来シーズンは浦和へのレンタルバックが既定路線だろう。浦和もFWの補強については発表されておらず、杉本のレンタルバックも可能性としては考えられる。

そんな中で浮上しているのがジュビロ磐田へのレンタル移籍だ。今シーズンJ2優勝の原動力となったルキアンがアビスパ福岡へと移籍したことで新たな得点源を探している磐田。最前線の起点となれる杉本の獲得はルキアンの後釜としては最適な人材かもしれない。すでに横浜FCからジャーメイン良の獲得が決まっているも、より空中戦でも勝負できるFWの補強もあり得るのではないか。

J1で22ゴールを奪い、得点ランキング2位でシーズンを終えた2017年以降、二桁ゴールがない杉本。しかしそこまで結果を残せるポテンシャルを秘めたストライカーだけに、いつ再び目覚めてもおかしくないだろう。浦和での新シーズンを迎えるか、新天地へと移籍するのか。彼は来季のどのクラブのユニフォームを着てプレイするのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ