チェルシー時代にここまで育つと誰が予想した? アグエロ、ケイン超える驚異の得点関与ペース

リヴァプールで得点を量産するサラー photo/Getty Images

セリエAでの経験を経て完全開花

まだフィオレンティーナやローマでプレイしていた頃、ここまでの選手に育つと予想していた人はどれだけいただろうか。

リヴァプール移籍から驚異的なペースで得点に絡んでいるのがFWモハメド・サラーだ。

27日のサウサンプトン戦では得点こそなかったが、アシストを記録。ここまでサラーはプレミアリーグ通算108得点42アシストを決めており、サウサンプトン戦にて得点とアシストを合わせた数が150の大台に達した。

サラーはこれを171試合の出場で達成したことになり、プレミアリーグの歴史ではアラン・シアラー(148試合)、ティエリ ・アンリ(163試合)に次いで3番目に少ないゲーム数で達成することになった。

サラーに次ぐ4位はセルヒオ・アグエロ(181試合)、5位はハリー・ケイン(191試合)となっており、得点関与数150点に到達したのはサラーの方が早かった。

ちなみにサラーがプレミアリーグ初得点を決めたのは、まだチェルシーに在籍していた2013-14シーズンのことだ。

その頃もスピードは抜群だったが、今ほどフィジカルバトルに優れていたわけではない。ワールドクラスのアタッカーになるとは考えていなかった人も多いだろう。

しかしサラーはフィオレンティーナ、ローマでの経験を経てリヴァプールへ移籍し、そこで大爆発することになった。

セリエA時代もリーグ戦得点数が20点に達したシーズンは1つもなかったのだが、リヴァプール移籍初年度にいきなりリーグ戦32得点を挙げてプレミアリーグ得点王に。一気にスターへの階段を駆け上がった印象で、今もその勢いは止まっていない。

小柄なスピードスターだったサラーは得点力を飛躍的に向上させ、プレミアの歴史に名を刻む名アタッカーとなった。今季も勢いは止まらないはずで、目指すはリーグ制覇と3度目のプレミア得点王だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ