これがクラブとOBの理想の形か クラブ・ブルージュに大勝したグアルディオラの戦略とは

マンチェスター・シティで監督を務めるジョゼップ・グアルディオラ photo/Getty Images

大きな1勝となった

先日行われたクラブ・ブルージュ戦では5-1で勝利したマンチェスター・シティ。クラブ・ブルージュは現在ジュピラー・プロ・リーグを2連覇しており、その勢いからCLグループステージではパリ・サンジェルマンに引き分け、ドイツの強豪ライプツィヒを撃破している。ノア・ラングをはじめ優秀な若手も多く在籍しており、マンCも苦戦するかに思われたが、終始ボールを保持し攻撃的なサッカーで相手を攻略している。

このように快勝を収めたわけだが、どうやらある人物からの情報提供が白星に繋がったようだ。英『Manchester Evening News』では、クラブ・ブルージュと同じベルギーリーグに所属するアンデルレヒトの監督ヴァンサン・コンパニからチームの強みや弱みを聞いたと、指揮官であるジョゼップ・グアルディオラが明かしている。

気を付けるべきはやはりラングを中心とした攻撃陣だったようで、この試合では右サイドバックに対人性能の高いカイル・ウォーカーを配置している。確かに直近のバーンリー戦では左にネイサン・アケ、右にジョアン・カンセロを置いてウォーカーを休ませていたが、こういう狙いがあったようだ。その采配はずばり的中しており、ラングはこの試合枠内シュートが0本となっており、ウォーカーの対人守備が機能している。

まさにクラブとOBの理想的な関係だが、コンパニのマンC帰還はあるのだろうか。ペップとクラブの契約は2023年までとなっており、少し早いような気もするが、コンパニの古巣復帰にも期待だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ