欧州初挑戦の男は“遠藤航の後継者”となるか ドイツでブレイク間近の大型日本人MF

伊藤のデビューに期待したい photo/Getty Images

磐田からシュトゥットガルトへ加入した伊藤洋輝

今夏ジュビロ磐田からシュトゥットガルトへ移籍した伊藤洋輝。当初はセカンドチームからスタートだったものの、プレシーズンで活躍が認められるとトップチームへ帯同となった。伊藤の公式戦のデビューも近いかもしれない。

開幕からトップチームでトレーニングを続ける伊藤。するとブンデスリーガ第2節のライプツィヒ戦では出場こそなかったものの、メンバー入りを果たすなど欧州挑戦からここまで上り調子で進んでいる。

188cmの長身で、フィジカルの強さだけでなくしなやかさを持ち合わせる伊藤は、守備的MFやCBなどを務める大型プレイヤー。また左利きでCBを務められる能力は欧州を見渡しても希少価値が高い。大きなポテンシャルを秘めた彼にシュトゥットガルトでも期待を寄せられているようだ。

さらに遠藤航の存在も少なからずあるだろう。今季からシュトゥットガルトのキャプテンとなった遠藤はチームに数多くの影響を与えている。開幕戦でゴールを記録するなど貢献度も高く、彼の存在が日本人選手の価値も上げているところもある。シュトゥットガルトは伊藤を、遠藤の後継者として見ているのかもしれない。

ドイツ紙『Kicker』ではチームのSDを務めるスヴェン・ミスリンタートが「我々は彼が順応するのに1年ほどかかるとみていた」とセカンドチーム入りとなった要因を説明。しかし「彼は我々が間違っていると証明しているね」と明かしており、伊藤の適応力の高さを評価している。

同SDはドルトムント時代に香川真司を発掘するなど、高い先見力を持っている。伊藤も将来のブレイク候補として、ブンデスデビューする日が間近に迫っているはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ