何度目の退場か…… ネイマールが繰り返す愚行 世界最高峰の選手でもメッシとの差は歴然

フランスでは3度目となる退場処分に

リーグ・アンの首位攻防戦となったLOSCリール・メトロポールとパリ・サンジェルマンの一戦は、リールが先制点を守り切って1-0で勝利。勝ち点63で並んでいた両クラブだったが、リールが3差をつけて10年ぶりのリーグ制覇へ一歩前進した。この試合で注目されたのは、ネイマールが一発レッドで退場してしまったシーンだ。ネイマールはこれで今季2度目の退場となる。

ネイマールは1点ビハインドで迎えた90分。リールのチアゴ・ジャロを突き飛ばし、この日2枚目のイエローカードを受けて退場処分。同点を目指していたチームとってエースの退場は大きな誤算だった。ネイマールは今季、第3節オリンピック・マルセイユ戦での退場でも2試合出場停止となっており、今回も同様に2試合の出場停止が決まった。

試合に出場すれば高い技術とセンスを発揮できる選手ではあるが、出場できなければ仕方がない。チームの主軸を担う選手であるものの、精神的な部分ではいまだに成長できていないというのが現状だ。世界最高峰の選手の1人とされるリオネル・メッシは、今季のスーペルコパでの一発退場がバルセロナのキャリアで初めてだった。バロンドールを何度も獲得しているメッシとの差は、フェアプレイにも表れている。ネイマールも世界最高の選手と言われる1人。しかし、退場数ではリオネル・メッシと圧倒的に差がある。

またネイマールが所属した3クラブでのキャリアで退場数は「7」。そのうちフランスではすでに3回を記録している。さらにパリでは2枚のイエローカードをもらっている。イエローの枚数も加入初年度の2017-18は7枚で、2018-19も同じく7。昨シーズンは6枚のカードを貰い、今季もこれで6枚目である。毎年平均的にたくさん貰っており、退場後の複数試合での出場停止処分なども多く、今季はけがでの離脱を含めて13試合のみの出場にとどまっている。

過去には"ネクスト・メッシ"とも評されたネイマールも29歳を迎えた。30代目前となるキャリア後半に差し掛かる彼のカード数は減っていくのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ