[名良橋晃]悔しさ胸に挑む長崎、曺監督復帰の京都 J2は今季も魅力に溢れる

秋田、相模原にもチャンスあり 新潟からは若手の勢いを感じる

秋田、相模原にもチャンスあり 新潟からは若手の勢いを感じる

長崎はカイオ・セザールを完全移籍で獲得。悔しさを胸に、今季へ挑む photo/Getty Images

 J2の開幕が近づいています。選手にとってはまた大変なシーズンになりますが、私はもうはじまるのかとワクワクしています。J2伝道師として、たっぷりその魅力を伝えていきたいと思っています。

 今年はJ1から降格したチームがなく、本命なき昇格争いという印象です。この時期はよく順位予想をしますが、はっきり言ってはじまってみないとわかりません。正直、本当に全チームにチャンスがあると思っています。昨シーズン、開幕前にどれだけの人が昇格1年目の北九州の躍進を予想したでしょうか。というか、ほぼいなかったと思います。2年続けて同じことは……という考えは通用しません。そういった意味で、J3から昇格した秋田、相模原がどれだけ荒らしてくれるか楽しみです。

 新監督を迎えた5チームにも注目しています。コーチから昇格した吉田孝行監督が率いる長崎には、昨シーズンを3位で終えた悔しさが残っているはずです。あと一歩だった悔しさをどう受け止め、今シーズンにつなげるか。一昨年の横浜FC、昨年の徳島は、いずれも昇格プレイオフ敗退→翌年に昇格という道を歩んでいます。前年の結果はやはりモチベーションになります。あとは、クラブ全体でどう戦っていけるかでしょう。

 曺貴裁監督が現場復帰した京都には、昇格争いにからむだけの戦力が整っています。選手の特徴に応じて、どのようなシステム、戦い方を選択するのか。また、経験があり、プレイスタイルが確立されているピーター・ウタカ、ヨルディ・バイスが曺貴裁監督のもとどんなパフォーマンスをみせるか、だいぶ興味があります。

 大宮の岩瀬健監督、愛媛の和泉茂徳監督、山口の渡邉晋監督は、いずれもJ2で初采配となります。個人的に、J2は監督の個性が出るリーグだなと思っています。だからこそ、私は楽しさを感じているのかもしれません。この3名が1年目にどんなチームを作り上げるのか、しっかりとチェックしたいですね。

 私が尊敬してやまないケンさん(岩尾憲/徳島)はJ1へ昇格となりましたが、今年はこの岩瀬健監督と、秋田の吉田謙監督。2人の新しい“ケンさん”がなにかをやってくれるかもしれません。前述した通り、秋田が波乱を起こしてもなんら不思議はありません。

 大宮はクラブの総合力を考えれば、J2で燻っている場合ではありません。まあ、J2の半数以上のチームに同じことが言えますが……。昨年の大宮はFWが定まらず、本来中盤の菊地俊介が起用された試合もありました。岩瀬健監督がどれだけ攻撃力、得点力を高められるかがカギになりそうですが、磐田から中野誠也が完全移籍で加わっています。相当な覚悟で新シーズンを迎えていると思うので、中野誠也にはぜひ復活してほしいですね。

 新潟からは若手の勢いを感じます。本間至恩がいるところに、昌平高校から小見洋太、JFAアカデミー福島から三戸舜介と、有望な高卒ルーキーが加わっています。両名ともにハードワークできる選手で、新潟のカラーに合っています。シーズン中には必ずチャンスがやってきます。そこでどんなパフォーマンスをみせられるか、その機会を見逃さないようにしたいです。

経験ある選手が新天地へ

 松本は多くの選手が入れ替わっています。昨シーズン途中から指揮官を務める柴田峡監督は、守備を整理してチームを上昇させました。この守りをベースに、今シーズンは攻撃力をどれだけ高められるかがポイントになってきます。ルカオ、山口一真、戸島章、田中パウロ淳一、鈴木国友など、なかなか個性的な選手たちを攻撃陣に補強しています。「絶対に昇格するんだ」という熱意が伝わってきます。いろいろな組み合わせが可能で、どれだけ迫力ある攻撃がみられるのだという期待感があります。

 磐田はヤットさん(遠藤保仁)が入って中盤を支配できるようになり、チームがガラッと変わりました。去就が注目されていましたが、並々ならぬ覚悟で磐田に残ったのだと思います。東京五輪での活躍が期待される小川航基が復活し、新外国籍選手のファビアン・ゴンザレスがフィットしたなら、上位に顔を出してくるでしょう。

 なにより、磐田はゴンさん(中山雅史)がコーチングスタッフに加わっています。あの甲高い声がピッチに響き渡っていると、いやでも明るい雰囲気になります。一体感を持って戦っていけるはずで、やはり優勝争いにからむことが予想されます。

 千葉に加入した岩崎悠人も高いポテンシャルがあるので、ここらへんで本領発揮という活躍を期待しています。選手とチームは、所属するタイミングや状況によって合う、合わないが出てきます。札幌、湘南は岩崎悠人を生かしきれませんでしたが、高い能力を持つ選手なので尹晶煥監督のサッカーにどうフィットするか非常に楽しみです。

 千葉といえば、鹿島で9年間プレイした伊東幸敏が加入しています。常勝軍団の空気を知っている幸敏は、クラシックなSBでしっかりと上下動できるタイプです。人見知りなので新しいクラブでうまくやれているか少し心配ですが、頑張れる選手です。ゲリア、本村武揚が抜けた千葉の右SBのポジションはなかなかの激戦区で、伊東幸敏、小田逸稀、溝渕雄志、米倉恒貴がいます。激しい競争があるなか、誰が出てくるのか──。ひとつのチームのひとつのポジションに注目するのも面白いですね。

 幸敏もそうですが、経験ある選手が新天地で今シーズンを迎えているケースも目立ちます。東京Vに復帰したカンペーちゃん(富澤清太郎)をはじめ、鈴木大輔(千葉)、金久保順(水戸)、三平和司(甲府)、鎌田次郎(相模原)、赤嶺真吾(琉球)など。いずれもネームバリューのある選手で、まだまだできることを証明してほしいです。稲本潤一(相模原)がJ2に戻ってきたのも、新たな可能性を示しているのかもしれません。

 私事で恐縮ですが、長男・拓真がJ3の藤枝に加入しました。まだ新加入なので、先のことはなにもわかりません。ただ、これからきっと頑張ってくれると思います。押谷祐樹、鈴木惇、岩間雄大、金正也。いずれも、今シーズンの藤枝が獲得した選手たちです。J2昇格に向けて、本気の補強をしているなと感じます。ちょっと気になったときに、J3の動向にも注目していただけたらと思います。

構成/飯塚 健司

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:連載

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ