後輩ハーランドに続く“巨人ストライカー” 2人で目指すゴール量産&王者崩し

ライプツィヒに加わったセルロート photo/Getty Images

ノルウェー産FWがドルトムント、ライプツィヒのエースへ

ドルトムントでは20歳のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが爆発を続けており、3日のフライブルク戦でも2得点を決めてみせた。

その姿を特別な眼差しで見つめている人物がいる。今季よりブンデスリーガに活躍の場を移したライプツィヒFWアレクサンデル・セルロートだ。

24歳のセルロートは同じくノルウェー代表のストライカーであり、昨季はトルコのトラブゾンスポルで活躍していた。

ハーランドは後輩だが、ドルトムントでのパフォーマンスをリスペクトしているのだろう。ハーランドがゴールを決めるたびに、自身も頑張らなくてはと刺激を受けているはずだ。

「移籍に関して父ともよく話したけど、アーリングとも話したよ。彼からブンデスリーガのことについて全てを聞いた。ブンデスリーガではゲームも非常にオープンでテンポが速く、ストライカーとしてゴールを決められる場だとね。僕は彼より少しばかり経験があるけど、彼のブンデスリーガでのパフォーマンスはすごくモチベーションになるよ。アーリングはドイツに来てすぐに得点を決めたし、妥協がない。僕たちは両方ともゴールに貪欲だ」

独『Sport Bild』によると、セルロートはこのようにコメントしている。ライプツィヒもドルトムントと同じ王者・バイエルンを追いかける第2集団であり、ハーランドに負けじとゴールを量産してバイエルン崩しを狙っていることだろう。

ノルウェー代表のストライカーがブンデスリーガの強豪に揃うのも珍しいケースと言えるが、190cmを超える超大型ストライカーのセルロートは結果を残せるのか。

ライプツィヒは今夏にティモ・ヴェルナーを失っており、セルロートにかかる期待は大きい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ