“1億ユーロ超え”が2人も…… 今季のリーガ新戦力ワーストイレブン

バルセロナのグリーズマンも入ってしまった photo/Getty Images

期待通りの活躍ができなかった11人

シーズン終了後の定番企画の1つが、シーズンのベストイレブンとワーストイレブンの選出だ。

今回注目したいのは、スペイン『MARCA』が選んだ「リーガ・エスパニョーラのワースト新戦力イレブン」だ。

これは今季より新チームに加わった選手が対象となっているのだが、昨夏の目玉補強だった選手も数名入ってしまっている。

GK
イェスパー・シレッセン(バレンシア)

DF
ティエリー・コレイア(バレンシア)
フェルナンド・カレロ(エスパニョール)
ジュニオール・フィルポ(バルセロナ)

MF
デニス・スアレス(セルタ)
ロニー・ロペス(セビージャ)
マティアス・バルガス(エスパニョール)
ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)

FW
ボルハ・イグレシアス(レアル・ベティス)
ルカ・ヨビッチ(レアル・マドリード)
アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)




同メディアの選んだワーストイレブンの結果はこの通りだ。やはりグリーズマン、フェリックスの移籍金1億ユーロ超えの2人は目立つ。

移籍金が高額だっただけに期待は大きかったのだが、価格に見合う活躍はできなかった。

レアルのヨビッチもカリム・ベンゼマからポジションを奪うことはできず、すっかり忘れられた存在だ。

エデン・アザールもここに入る危険性はあったはずで、今季のリーガは新戦力の苦戦が目立つシーズンだったか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ