岡崎、バーディ、マフレズと並ぶ“四銃士の1人” 過小評価されているMFとは

レスターのオルブライトン photo/Getty Images

チームメイトがプッシュするハードワーカー

2015-16シーズンのプレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスター・シティでは、やはりFWジェイミー・バーディ、MFリヤド・マフレズ、MFエンゴロ・カンテの3名に注目が集まる。

攻撃面の主役は明らかにバーディとマフレズであり、この2人がいなければ勝てないゲームがいくつもあった。そこに豊富な運動量で貢献する日本代表FW岡崎慎司が加わり、レスターは抜群の安定感を誇っていたのだ。

しかし、もう1人忘れてはならない働き者がいる。岡崎、バーディ、マフレズとともに「攻撃・四銃士」と表現してもいいMFマルク・オルブライトンである。

オルブライトンは地味な存在ではあるものの、左サイドを絶えず上下動してくれる貴重な選手だ。地元紙『Leicester Mercury』によると、現レスターDFベン・チルウェルもオルブライトンのことを「最も過小評価された選手」と表現する。

「過小評価されているのはオルブライトンだよ。彼は良い選手だし、オールラウンドなプロフェッショナルさ。オフの時はなく、ハードワークしているんだ」

ハードワークはオルブライトンの持ち味の1つで、このあたりは岡崎と少し似ているか。チルウェルは左サイドバックを本職としているため、同じ左サイドでオルブライトンと絡む時もある。だからこそ、その頑張りが分かるのだろう。オルブライトンも奇跡のリーグ制覇に大きく貢献した立役者の1人だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ