対戦相手も絶賛のコントロールショット 中村敬斗が左サイドを支配する

トゥエンテの中村 photo/Getty Images

カップ戦で見せた得点力

30日にKNVBカップ1回戦でデ・トレフェルスと対戦したトゥエンテは、FW中村敬斗の2ゴールで2-0の勝利を収めた。中村は9月15日のフォルトゥナ戦で得点を決めて以降当たりがなかったが、カップ戦で改めて得点力の高さをアピールすることに成功した。

特に1点目のインパクトが大きい。左サイドで巧みに反転し、対峙するDFを外して華麗なコントロールショットでネットを揺らしている。左サイドから中にカットインしてファーサイドを狙うパターンは中村も得意としているのだろうが、それが完璧にハマった格好となった。

このゲームでデ・トレフェルスの右サイドバックに入っていたイェルモ・ウィルスターマンも中村のパフォーマンスには感銘を受けたようだ。オランダ『De Gelderlander』によると、ウィルスターマンは中村の情報をあまり仕入れていなかったという。先日のリーグ戦でも先発していた21歳FWラフィク・ゼクニーニが出てくることを想定していたと振り返る。

「中村についてあまり知らなかった。ゼクニーニを対戦相手として頭に入れていたんだ。中村は非常に俊敏でクレバーだ。彼の1点目は素晴らしかった。彼にゴールを決められたけど、彼との対戦を楽しめたよ」

19歳の中村も世代別代表を経験しており、来年の東京五輪のことも視界に入っているはず。前線は競争が激しいが、エールディヴィジでの活躍次第ではメンバー入りも不可能ではなくなってくる。左サイドを我が物とできるのか、今後のゴールラッシュに期待だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ