レアル“16番”が未だ掴めぬ信頼 戻ってきたMFは2年前と同じ道たどるのか

レアルのハメス photo/Getty Images

プレイタイムは当時とあまり変わらない

2016-17シーズン終了後、レアル・マドリードMFハメス・ロドリゲスは出場機会を増やすべくバイエルンへのレンタル移籍を決意した。当時は指揮官ジネディーヌ・ジダンの信頼を勝ち取ることができず、ユヴェントスとのチャンピオンズリーグ決勝ではベンチにさえ入れない屈辱を味わったのだ。

あれから約2年。ハメスは再びレアルに戻ってくることになり、当初はジダンの構想に入ると考えられていた。ところが、現段階で状況は2016-17シーズンとあまり変わっていない。

スペイン『MARCA』が同じような道をたどっていると取り上げているが、ハメスは9月のオサスナ戦(8分間出場)、アトレティコ・マドリード戦(13分)、グラナダ戦(7分)のように、試合終盤だけ出場するケースも目立つ。

2016-17シーズンの同時期と比較すれば、今季の方がプレイタイムは多い。しかし、それも僅か76分多いだけだ。ベンチスタートになることも珍しくなく、ジダンの中でファーストチョイスになりきれていないのは当時と変わらない。

同メディアは当時より僅かに改善されているとフォローしているが、理想的な展開とは言えないだろう。バイエルンへのレンタル移籍を経て成長したところを見せたいが、ハメスはジダンの信頼を掴めるか。以前の10番ではなく、今季より白い巨人で16番をつけて再出発したハメスの序盤戦はやや苦いものとなっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ