バルサの”17番”は不吉な背番号? グリーズマンは呪いを振り払えるか

17番を背負うグリーズマン photo/Getty Images

過去につけた選手はやや苦戦気味

アトレティコ・マドリードからバルセロナに加わったFWアントワーヌ・グリーズマンは、背番号17を着用することになった。アトレティコでは7番だったが、バルセロナではフィリペ・コウチーニョが7番をつけている。その関係もあって17番を選択したようだ。

背番号に特別なこだわりを持たない選手もいるだろうが、バルセロナの17番は少々気になる番号だ。というのも、近年17番を背負って苦戦した選手が多いのだ。英『GIVE ME SPORT』がまとめているが、まずは昨年12月に加わったDFジェイソン・ムリージョだ。当初は効果的な補強と騒がれたが、ムリージョは何の結果も残せぬまま今夏にサンプドリアへ向かっている。

現在チェルシーで活躍するペドロ・ロドリゲスのように、17番を背負って結果を出した選手もいる。しかし、失敗例が多いのも事実だ。ムリージョの他には、FWパコ・アルカセル、ムニル・エル・ハダディ、MFアレクサンドル・ソング、ジオバニ・ドス・サントスらが17番をつけたが、いずれも目立った結果は残せていない。

アルカセルは現在所属するドルトムントではゴールを量産しているが、バルセロナではなかなか当たりが出なかった。ムニルはバルセロナのカンテラ出身選手だが、ポジションを掴めず退団。現在はセビージャに所属している。

同メディアは不運が続く17番と伝えているが、グリーズマンはこの悪い流れを断ち切れるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ