久保建英は“皇帝” 現地メディア「何年も探していたアジアのスターを確保」

コパ・アメリカで輝きを放った久保 photo/Getty Images

カスティージャでは頭ひとつ抜けた存在か

来季からスペインの強豪レアル・マドリードに加入するMF久保建英。残念ながら日本はグループリーグ敗退となってしまったが、この18歳は出場した全3試合で輝きを放っていた。相手の急所を突くスルーパスや果敢なドリブル突破で幾度となく日本にチャンスをもたらした。今大会における活躍は、世界へのアピールとなったことだろう。

そんな久保の到着をスペインの現地メディアも待ちわびている。スペイン『as』はこの若きサムライを“皇帝”と称し特集。その中で同メディアは「レアル・マドリードはついに何年もの間探していたアジアのスターを確保した。それがタケフサ・クボだ。日本のアタッカーはカスティージャとトップチームの中間にいる」と紹介した。2019-20シーズンの久保はBチームのカスティージャで過ごすこととなるが、同メディアはその中でもトップチームに近い存在として彼のことを評価している。

どうやら、市場価値の面から見てもその認識は正しいようだ。ドイツ『transfermarkt』によると、現在の久保の市場価値は150万ポンド(約2億450万円)。これは今季トップチームでもプレイしたGKルカ・ジダンを上回っており、カスティージャに所属する選手の中で最高額だ。久保は頭ひとつ抜けた存在と言っていいだろう。

はたして、この18歳はレアルで輝くことができるのか。将来、久保が銀河系軍団の中心に君臨する日を日本のファンは待ちわびている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ