意外に難しいシュート? クロップが語るリヴァプール”今季最高のゴール”とは[映像アリ]

オリギの決勝ゴールを喜ぶ選手たち photo/Getty Images

ビューティフルゴールというわけではないが……

リーグ戦では優勝へあと一歩というところまで迫り、チャンピオンズリーグではファイナルへ進出するなど今季のリヴァプールは見事な戦いを披露した。プレミアリーグで得点王に輝いたサディオ・マネ、モハメド・サラーを中心にビューティフルゴールが次々と生まれたが、指揮官ユルゲン・クロップが思う今季のベストゴールはどれなのか。

やや意外に思えるかもしれないが、クロップが選んだのはチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのバルセロナ戦でFWディボック・オリギが決めたチーム4点目のゴールだ。あのゴールはトレント・アレクサンダー・アーノルドがバルセロナの隙を見逃さずに素早くコーナーキックからリスタートし、それにオリギが合わせたものだった。確かにバルセロナの隙を見逃さなかったのは見事だが、あのゴールが今季最も美しいものだったのか。

英『Telegraph』によると、クロップは技術的にもオリギのシュートは難しかったと考えている。ボールはバウンドしており、焦ってシュートを打てばボールが浮いてしまったかもしれない。決勝行きを決めた重要性、落ち着いたオリギのシュートなど、両面で今季のベストゴールということなのだろう。

「2-0となって雰囲気は変わった。3-0、そして4-0としたゴールは私が見てきた中でも最高のゴールだった。シーズン最高のゴールだよ。あれは難しい。トレントのコーナーはもちろん、シュートも浮いてしまうものだ」

超ビューティフルゴールというわけではなかったが、クロップもサポーターも痺れる劇的なゴールだった。6月1日に行われるトッテナムとのチャンピオンズリーグ決勝ではオリギのシュートをも超える今季のベストゴールが生まれることに期待したい。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ