ファーディナンド氏がマンUに帰ってくる!? 新SDとして招聘を検討か

現在は解説者を務めるファーディナンド氏 photo/Getty Images

すでに交渉も始まっている?

マンチェスター・ユナイテッドに、同クラブの一時代を築いたレジェンドが帰還するかもしれない。元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、今夏にマンUのスポーツディレクター(SD)に就任する可能性が浮上した。

現在40歳のファーディナンド氏は、1995年に17歳ながらウェストハムでプロとしてのキャリアをスタート。ボーンマス(レンタル移籍)やリーズ・ユナイテッドを経て、2002年夏にマンUへ移籍した。加入初年度からチームの主力として活躍し、12シーズンで2007-08の欧州制覇や6度のリーグ優勝など、数々のタイトル獲得に貢献している。そして、2014年夏にマンUを退団し、クイーンズ・パーク・レンジャーズで1シーズンプレイしたのち、2015年5月に現役を引退した。

引退後は解説者などを務めていたファーディナンド氏だが、古巣のマンUがSDとして同氏の招聘を検討しているとのこと。英『The Telegraph』や『Mirror』など複数のメディアが伝えている。同メディアらによると、クラブのCEOを務めるエド・ウッドワード氏がすでにファーディナンド氏と会談しており、就任へ向けて交渉を進めているという。また、現在オーレ・グンナー・スールシャール監督のもとでアシスタントコーチを務めるマイク・フェラン氏を、テクニカルディレクターに任命することも計画しているようだ。

はたして、マンUのレジェンドであるファーディナンド氏は、今夏に古巣へ復帰することとなるのか。今後の動向にも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ