アヤックスはお休みなのに…… トッテナム指揮官「フェアではないと思う」

トッテナムを指揮するポチェッティーノ photo/Getty Images

CL前に日程面に差が

チャンピオンズリーグ準々決勝でマンチェスター・シティを撃破するサプライズを起こしたトッテナムは、30日にベスト4でアヤックスと激突する。アヤックスもレアル・マドリードやユヴェントスといった優勝候補を撃破してきた強敵なのだが、トッテナムにはもう1つの敵が存在する。それが過密日程だ。

トッテナムは27日にウェストハムとのリーグ戦を戦うことになっているのだが、一方でアヤックスは30日まで試合がない。というのも、エールディヴィジはアヤックスがチャンピオンズリーグ・ベスト4を戦うことを受けてリーグ戦の日程を調整したのだ。28日に行われるはずだったリーグ戦を延期したことで、アヤックスは十分に休養を取ってトッテナム戦を迎えられる。この日程の差がどこまで影響してくるのか非常に興味深い。

英『TalkSport』によると、トッテナムを指揮するマウリシオ・ポチェッティーノもフェアではないと正直な思いを明かしている。選手たちの疲労度に差が出るのは明らかで、日程面ではトッテナムが不利だ。

「私はプレミアリーグとFAガ我々のために協力しようとしてくれたことは分かっている。プレミアリーグとエールディヴィジでは大きく異なるんだ。事実、彼らは試合をしない。フェアではないと思うね」

ポチェッティーノも受け入れてはいるようだが、今回はやや特殊な形で日程面に差が生まれることになってしまった。1stレグで思うような結果を出せなかった時、日程面についての批判が起こることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ