交代拒否の守護神を起用せず サッリ「正しい決断だった。ただ……」

トッテナム戦でケパを起用しなかったサッリ photo/Getty Images

「若いときはミスを犯すもの」

チェルシーは27日、プレミアリーグ第28節でトッテナムとホームで対戦。ペドロのゴールなどで2点を奪い、2-0の完封勝利を収めた。

試合後、インタビューに応じたチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は「この試合がファンにとっても非常に重要であることは理解していた。ロンドン・ダービーだからね。結果とパフォーマンス内容が非常に重要だったんだ。最も重要な結果を求めて、戦うことができたと思う」とトッテナム撃破の喜びを語った。英『The Telegraph』など複数のメディアが伝えている。

さらに、交代拒否騒動の影響もあり、この試合では起用しなかったGKケパ・アリサバラガについても言及。「これは正しい決断だったと思う。ケパは大きな過ちを犯し、その代償を支払った。彼はチームに罰金も支払わなければならなかったんだ。ただ、これで終わりだ。ケパは、明日から我々とともにある。次の試合でピッチに立つかはわからないが、直近2試合のうち1つは確実に出場するだろう。若いときはミスを犯すものだよ。最も重要なのは、間違いを犯した後に何が間違っていたのかを理解することだ」と述べている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ