5年前の後悔 名将ファーガソンが狙っていた『スコールズの後継者』とは

マンUを長年支えたスコールズ photo/Getty Images

今はライバルチームに……

昨季にはマイケル・キャリックが引退し、マンチェスター・ユナイテッドでは中盤から攻撃を組み立てられる選手がいないことが問題視されてきた。しかし、元マンU指揮官アレックス・ファーガソン氏が指揮を執っていた時に最後の補強に成功していれば、その問題は解決されていたのかもしれない。

英『Evening Standard』によると、ファーガソン氏は2013年限りでスパイクを脱いだポール・スコールズの後継者となる選手をリストアップしていたという。当時マンUでアシスタントコーチを務めていたレネ・ミューレンスティーン氏が明かしているが、そのターゲットは現マンチェスター・シティMFイルカイ・ギュンドアンだ。ドルトムントでプレイしていたギュンドアンにファーガソン氏は目をつけ、指揮官生活最後のターゲットとしてギュンドアンを狙ったという。

「我々は当時ドルトムントのギュンドアンとマルコ・ロイスに注目していた。ギュンドアンはスコールズと似ているからね。ボールを散らすことができて判断も早く、テンポもコントロールできる」

スコールズは長短のパスを使い分けて中盤から攻撃を組み立てる名手で、ギュンドアンも足下の技術は一級品だ。当時のギュンドアンは22歳で、年齢的にもスコールズの後継者にはピッタリだったかもしれない。その選手が今ライバルのマンCにいるのは少々複雑な心境だろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ