父親となった同僚を手助け デンマーク選手団が何をした?

一致団結した様子が窺えるデンマーク選手団 photo/Getty Images

「何としても彼を助けたかった」

デンマーク代表のDFヨナス・クヌドセンが、22日のロシアW杯グループリーグ第2節(オーストラリア代表戦)の直前に一時離脱していたことが、英『Four Four Two』などで明らかとなった。 

当初の予定よりも3週間ほど早く子どもが産まれたクヌドセン。この知らせを聞いた同代表の選手団は、クヌドセンがいち早く我が子と対面できるよう、ポケットマネーでプライベートジェットを調達。同選手を快く送り出した。同メディアがこの温かいエピソードを伝えている。

「僕らはサッカー選手である以前に、ひとりの人間だ。このチームにもたくさんの父親がいる。何としても彼を助けたかった」と語ったのは、同代表のGKカスパー・シュマイケル。このチームメイトを思いやる気持ちがチーム全体の一体感を生み出し、今大会の好パフォーマンスに繋がっているのかもしれない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ