ネイマールもロナウジーニョも入らない! カフーが選ぶ”ブラジル最強イレブン”がこれだ

過去の名手がズラリと揃う

ネイマール、フィリペ・コウチーニョ、ガブリエウ・ジェズスなど、現在のブラジル代表にも優れたタレントは多い。しかし、サッカー王国・ブラジルには過去にも偉大すぎる名手たちが数多くいた。今回元ブラジル代表の伝説的右サイドバックであるカフーが自身の思うブラジル代表ベストイレブンを選出しており、錚々たる顔ぶれとなっている。

英『The Guardian』によると、まず同氏はGKにタファレル、最終ラインは右サイドバックに1970メキシコワールドカップ制覇を経験した故カルロス・アウベルト氏、左サイドバックには自身のチームメイトだったロベルト・カルロス、センターバックにはインテルなどで活躍したルシオ、その相棒にはローマでチームメイトだったアウダイールを指名している。カフーはアウベルト氏のテクニック、ロベルト・カルロスの攻撃性、アウダイールの落ち着いた守備とルシオのアグレッシブなスタイルはバランスが取れていると感じているようで、選出に自信がある様子。

次に中盤だが、ここは1番悩んだようだ。中盤には4人選んでおり、ダイヤモンド型の底に日本代表監督を務めた経験もあるパウロ・ロベルト・ファルカンを配置。カフーはミスのないスマートな選手だと称賛。その前にはカフーが「スーパートリオ」を配したと語ったように、ジーコ、リバウド、ロベルト・リベリーノの3人が入っている。カフーはジーコをインテリジェント、リベリーノは史上最高のドリブラー、リバウドを天才だと絶賛している。

最後に2トップだ。ここはかなり簡単だったようで、ペレと怪物ロナウドを選んでいる。世界最高の選手であるペレについて言うことはないようで、ロナウドも怪我が多い苦しいキャリアながら信じられない選手だったと称賛している。現役選手はゼロ、ネイマールもロナウジーニョも入らないイレブンとなった。指揮官にはメキシコW杯で優勝に導いたマリオ・ザガロを指名している。



元ブラジル代表のロナウド photo/Getty Images
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ