誤審に泣いた川崎 気持ちを切り替える選手たち「どうしても判定に目を向けてしまうが……」

試合を振り返った中村憲剛 photo/Getty Images

「0-1で負けたことには変わりない」

川崎フロンターレは3月31日、明治安田生命J1リーグの第5節でサンフレッチェ広島と対戦。試合終了間際にMF長谷川竜也のゴールが疑惑の判定により取り消される場面などもあり、0-1で敗戦を喫した。

試合後のインタビューで「どうしても判定の方に目を向けてしまうが……」と話し始めたMF中村憲剛は「仕留められなかった。その前に点が入っていればよかったし、そういう試合だった」と悔しさをにじませた。クラブの公式サイトが伝えている。

そして「相手の守備は背走を嫌がっていた。前は強いが、一回後ろにボールが入ると取りに来れなかった。そういう形を、意図的にもっとやれれば良かった。中締めしてくるのはわかっていたので、もっとうまくサイドバックを使いたかった。そして入った後の斜めのランニング。サイドを開かせてニアゾーンに入ってくる。あとは単純に裏への一本を狙うこと。たくさんチャンスを作れるような相手ではないし、決めるか決められないか。そういう試合もあるが、こういうのを拾っていかないと上にはいけない」と試合を振り返りつつ「やるべきことを続けていくだけ。質を求めないといけない。0-1で負けたことには変わりないので、早く切り替えるだけ」と語った。

また主将のFW小林悠も「判定には納得いかないが、逆の立場になることもある。それまでに試合を決めなければいけなかった。あのシーンだけに目を向けるのではなく、自分たちがもっとどうすれば良かったかを考えなくてはいけない。これを気にして引きずるわけにもいけない」と述べている。

はたして、川崎はこの敗戦から気持ちを切り替え、次の試合で勝利を収めることができるのか。同クラブは4日に上海上港(ACL)と、8日に横浜F・マリノス(J1第6節)と対戦する予定となっている。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました。

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ