ナポリ、インテルとドローで首位陥落 スクデット争いについて言及したサッリ監督

ナポリの指揮官を務めるサッリ監督 photo/Getty Images

最後まで諦めない姿勢

11日にセリエA第28節が行われ、インテルがナポリをホームへ迎え入れた。試合は、両チームともに90分間通して攻め手を欠き、スコアレスドローで終了のホイッスルを迎えている。

悲願のセリエA制覇へ向けて、手痛いドローとなってしまったナポリ。消化試合が1つ少ないユヴェントスに、首位を明け渡すこととなってしまった(両チームの勝ち点は1ポイント差)。

試合後、伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューに応じたナポリのマウリツィオ・サッリ監督は、スクデット争いについて「もしユヴェントスが残りの試合全てに勝利した場合、我々は脱帽せざるを得ない。拍手を送るよ」とコメントしつつ「我々はイタリア国内で、最も裕福なクラブではない。あらゆる方法でチームを後押しするんだ。スクデット獲得を信じるかって? 我々は自分たちのベストを尽くせると信じているよ」と最後まで諦めない姿勢を見せている。

そのため、「タイトル獲得の可能性が消滅したか」などのユヴェントスに関するたび重なる質問に対して、厳しく反論。「ナポリがギブアップしたかの問いを、私が受け入れるわけないだろう。プレシーズンから我々はみなさんに厳しい立場だと言われてきたが、ここまで強いパフォーマンスを披露してきた。人々が非現実的だと考えていたことに対して、よくやっていると思う。みなさんは私にユヴェントスのことについて尋ね続けるならば、私はここを立ち去る。今夜はインテルと戦ったんだ。ユヴェントスは関係ない」と述べ、インタビューから立ち去ったという。

残り約10試合となったセリエA。ナポリはユヴェントスから首位を奪い返すことができるのか。はたして、今季のスクデット争いの行方はいかに。同クラブは次節、18日にジェノアをホームへ迎え入れる。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ