モラタ、ジルー外しも機能せず マンCに完全支配を許したチェルシーはトップ4遠のく連敗

得点を決めたベルナルド・シウバ photo/Getty Images

マンUに続いてマンCにも

前節マンチェスター・ユナイテッドに敗れてトップ4から漏れてしまったチェルシーは、4日に首位マンチェスター・シティとアウェイで対戦。マンCは無敵に近い状態だが、何とか勝ち点を獲得してトップ4復帰へ望みを繋げたいところだった。

指揮官アントニオ・コンテはアルバロ・モラタとオリヴィエ・ジルーをベンチに置き、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのバルセロナ戦と同じエデン・アザール、ウィリアン、ペドロ・ロドリゲスを前線に配する選択をした。しかし、試合はマンCに支配されてしまった。

序盤からマンCがボールを支配し、次々とクロスをペナルティエリア内へ放り込んでいく。チェルシーは全員守備で必死に堪えていたものの、後半開始直後の46分に一瞬の隙を突かれてしまう。ダビド・シルバが左サイドからグラウンダーのクロスを入れると、これに逆サイドからベルナルド・シウバが飛び込んで先制。チェルシーDFマルコス・アロンソの方が先にボールに触れたはずだが、アロンソは逆サイドから飛び込んできたベルナルド・シウバのことが視界に入っていなかったのかもしれない。

その後チェルシーはジルー、モラタとセンターフォワードを投入するものの、最後まで決定機を作ることはできず。今回は対バルセロナ戦で見せた3トップも沈黙し、トップ4入りへさらなるステップダウンとなる黒星を喫してしまった。

[スコア]

マンC 1-0 チェルシー

[得点者]

マンC:ベルナルド・シウバ(46)


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ