敵地で貴重な勝ち点3を手にした鹿島 大岩監督「ポゼッション率は低かったが……」

鹿島の指揮官として勝負の2シーズン目を迎えた大岩監督 photo/Getty Images

試合はしっかりとコントロール

鹿島アントラーズは21日、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第2節で水原三星(韓国)と対戦。敵地で行われた一戦は、今季からチーム背番号「10」を背負うFW金崎夢生が2ゴールを挙げ、鹿島が2-1で水原三星を撃破した。この結果、鹿島は今季のACLで初白星を手にしている。

試合後、インタビューに応じた鹿島の大岩剛監督は「非常に激しい試合だった。選手たちがアグレッシブにプレイしてくれた結果が出て、非常に高く評価している。アウェイゲームだったが、勝ち点3を取るつもりで来た。この3ポイントを次以降に活かしていきたい」とコメント。クラブの公式サイトが伝えている。

PK阻止など好セーブを披露し、鹿島の勝利に大きく貢献したGKクォン・スンテ。韓国のチームを相手に、韓国代表GKを起用した意図について聞かれ、「各ポジションで激しい競争がある中で、曽ケ端選手とクォン スンテ選手がレベルの高い争いをしている。どちらが出場する時も非常に信頼して、安心して送り出している。今日もスンテを信頼して送り出した」と明かした。

さらに試合内容については「(ポゼッション率が低かったのは)意図的ではない。相手には勢いがあり、我々にとってはアウェイゲーム。ピッチコンディションを含めて『アウェイである』ということを感じながら試合を進めていた。それでも効果的に得点を決めることができた。ポゼッション率は低かったかもしれないが、試合自体はしっかりとコントロールできていたと思う」と述べている。



参照元:Jリーグの公式チャンネルより

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ