川崎復帰の大久保嘉人、タイトル逃すも前向き「最後に良かったねとなればいい」

後半アディショナルタイムにゴールネットを揺らした大久保 photo/Getty Images

復帰後初ゴールも白星で飾れず

2年ぶりに川崎フロンターレへ復帰を果たしたFW大久保嘉人が、今後のさらなる飛躍を誓った。

10日に行われた『フジゼロックス・スーパーカップ』で天皇杯王者のセレッソ大阪と対戦したJリーグ王者の川崎。2-3で痛恨の敗戦を喫し、今季初のタイトルを逃すこととなった。この一戦で後半頭からピッチに立った大久保は、アイディショナルタイムにゴールネットを揺らしている。

古巣の川崎復帰後、公式戦初ゴールをあげるも、白星で飾ることができなかった大久保。試合後のインタビューに応じると、まずC大阪戦を「前半は前に人が少な過ぎて、回すのは自陣だったし、そこが外から見ていてもったいないなと。もっと前でやればいいのになと思っていた。C大阪が中を締めてきていたけど、そういうときこそ前でやらないと思うツボなので、そう思いながら見ていた。後半、前が2人になると今度はボランチと前の間がいなくなるから動くしかない。そこで組み立てて、最後ゴール前にいればいいからと言われていた。ずっと外を回しても何も起こらない。どこかで大胆さが欠けていたので、大胆に行ってやろうと思っていた」を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。

ゴールシーンについて「久々の感覚。初戦で久々にあっ来たっていう。練習通りだった」と述べつつ、今後について「今日の試合で課題は出たと思う。ACLの前にこういう試合ができたのは良かった。公式戦で課題がいっぱい見つかったから、短い期間で修正して、最後に良かったねとなればいい。別にここで負けたからといって落ち込む必要はない。ちゃんと切り替えて、修正すれば、後々につながってくる。悔しい気持ちはあるけど、まだまだ」と語っている。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ