川崎撃破でACLに弾みをつけたC大阪 尹晶煥監督が明かした「収穫」と「課題」

C大阪を率いて2年目を迎えた尹晶煥監督 photo/Getty Images

「相手が嫌がるところを突いていくサッカー」

10日に『フジゼロックス・スーパーカップ2018』が行われ、昨季のJリーグ王者・川崎フロンターレと天皇杯王者・セレッソ大阪が対戦。3-2でC大阪が川崎を撃破し、今季1つ目のタイトルを獲得した。

昨季のルヴァンカップに続いて、川崎との一発勝負を制したC大阪。試合後、同クラブの指揮官を務める尹晶煥監督がインタビューに応じ、「まず、チームとして今季初の公式戦を勝利で締めることができて本当に嬉しく思う。休みも多くなく、練習期間も長くはなかったが、すべての選手たちが集中力を保ってやってくれた」と喜びを語った。クラブの公式サイトが伝えている。

そして「今年1年を通してやっていかないといけない部分を示してくれた。今年1年、どういう風になっていくのかわからないが、出発点としては悪くなかった。たくさんのお客さんがいらっしゃってくれて、たくさんの応援をいただきながら、試合をすることができた。これからもいい姿を見せることができるように努力していきたい。今日先発した11人だけではなく、すべての選手を起用しつつ、勝利につなげていく、そういう試合を続けていきたいと思う」と新シーズンへの飛躍を誓った。

さらに、質疑応答の際にはこの試合で得た「収穫」や、14日に控えているAFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1戦、済州戦への「課題」などについて聞かれ、「去年やって来た部分があり、その自信を持ちながら試合ができたこと。そういう継続を、勝利という結果で示すことができたことが大きかった。交代で入った選手もチームに馴染んで入ってくれたし、誰が抜け、誰が入ってもしっかりとした試合ができるという自信が付いたと思う。ACLは韓国や中国のチームとするゲームなので、各国でスタイルも変わってくる。しっかりと合わせていく必要がある」とコメント。

その上で、済州戦への意気込みを「自分も韓国人ですが、韓国のクラブはスピードやフィジカルに優れているチームが多い。そういった相手に我々のいいところを90分間出すことができれば、相手もイライラしてくるはず。そういった試合ができるのではないか。相手が嫌がるところを突いていくサッカーをしていかないといけない。相手が強く来る前にシンプルなサッカーをすることができれば、相手にとって嫌なサッカーができると思う」と明かしている。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ