「もっと退場になるべき」 ギュンドアンも苦言呈するプレミアの激しすぎるタックル

危険なタックルを避けるギュンドアン photo/Getty Images

先日はサネが負傷

ここまで圧倒的な戦いぶりで首位を独走しているマンチェスター・シティだが、懸念されるのは選手たちの怪我だ。ここ最近は対戦相手が危険なタックルを仕掛けてくる場面も増えており、先日はFWレロイ・サネが足首に強烈な蹴りを受けて靭帯を損傷している。

指揮官のジョゼップ・グアルディオラもプレミアリーグの審判にもっと選手を守るよう苦言を呈していたが、MFイルカイ・ギュンドアンもそれに同調している。英『Daily Mail』によると、ギュンドアンはもっと多くの退場者が出ていても不思議はないと語り、審判の判定基準に納得していない。

「結局フットボールでは全てのジャッジをピッチ上で下すのは1人だ。僕は最近の試合で相手選手がもっと退場になるべきだと思うけど、それは起きてない」

1日のWBA戦では接触こそなかったものの、WBAの選手がケビン・デ・ブライネに後方から危険なタックルを仕掛ける場面があった。デ・ブライネが上手くジャンプして避けたから良かったが、当たっていれば大怪我に繋がっていたかもしれない。プレミアリーグ独特の激しさが悪い方面で出ており、リーグ全体で選手を守るべきだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ