ヴェンゲルは若手育成路線をやめたのか 浅野にも影響与えるオバメヤン&ムヒタリアン獲り

アーセナルを率いるヴェンゲル photo/Getty Images

28歳以上の選手に多額の資金投じる

アーセナルを指揮するアーセン・ヴェンゲルは、まだ世界的には無名の選手を巧みに成長させてトップチームの主力にしてしまうほど育成を得意とする指揮官だった。しかし、その流れは途絶えつつある。

アーセナルは今冬にピエール・エメリク・オバメヤン、そしてアレクシス・サンチェスとトレードの形でヘンリク・ムヒタリアンを加えた。この補強に驚いたサポーターもいるのではないか。オバメヤンは28歳、ムヒタリアンは29歳の選手だ。ヴェンゲルが30代目前の選手の獲得に動くケースは少なく、ましてやオバメヤンのように多額の移籍金を支払うのは非常に珍しい。

英『The Guardian』もこの動きに驚いており、ヴェンゲルの若手路線が変わり始めたと指摘している。就任当初であればパトリック・ヴィエラやティエリ・アンリなど、ビッグクラブで伸び悩んでいた若手を引き抜いてワールドクラスの選手へと成長させたケースもあったが、近年はそんなメガヒットを飛ばすこともなくなった。例えばDFカラム・チャンバースやロブ・ホールディングのように、ヴェンゲルに才能を見抜かれながらステップアップできていない選手もいる。

これはサンフレッチェ広島からアーセナルに移籍した日本代表FW浅野拓磨にも言えることだ。浅野のスピードにヴェンゲルは目をつけたが、浅野はレンタル先のシュツットガルトで出場機会確保に苦しんでいる。オバメヤンまで獲得したことを考えると、浅野がアーセナルのトップチームに呼び戻される可能性は限りなく低いと言っていいだろう。

ヴェンゲルの若手路線は崩れてしまったのか。同メディアは28歳以上の選手を2人も獲得するのは2012年の夏以来と伝えているが、この路線変更はアーセナルでのプレイが期待される浅野にも影響を与えることになりそうだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.204 大迫半端ないヘッド弾! 日本代表が格上コロンビアを撃破
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ