コーナーキックから直接ゴールが1試合中に2度も!? セリエAで起きた超レアケース[映像アリ]

CKから直接ゴールへ photo/Getty Images

1度だけでも珍しいが……

コーナーキックのボールがそのままゴールに入るシーンを1試合の間に2度も目にする機会はかなり珍しいだろう。基本は中の味方に合わせるボールを蹴るため、角度的にもキッカーのボールがそのままゴールに入るケースは少ない。しかし、その珍しいケースが4日のセリエA第23節ボローニャ対フィオレンティーナの一戦で起きた。

まずは前半41分だ。記録ではボローニャのGKアントニオ・ミランテのオウンゴールということになっているが、フィオレンティーナのコーナーキックがそのままゴール方向へ曲がってファーのポストを叩いてゴールの中に入っている。

これだけでも珍しいケースだが、その3分後にはボローニャが同じ形から同点弾を決める。エリック・ブルガーの蹴ったボールは綺麗に曲がり、これにフィオレンティーナのGKマルコ・スポルティエッロは反応が遅れてゴールイン。さっきはファーに流れたボールだったが、今回はニアサイドにねじ込んだボールだった。

英『BT SPort』は「コーナーからダイレクトで1点決まるのもレアだが、同じ試合で2度もあるか?」と驚きをもって伝えており、何とも珍しいケースから得点が生まれている。



参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ