アメリカ期待の星はバスケットも上手かった 手で華麗なドリブル披露「ダンクのように大きなことを」[映像アリ]

ドルトムントで活躍するプリシッチ photo/Getty Imaged

少しギリギリだが、ダンクも披露

ドルトムントで日本代表MF香川真司とチームメイトのFWクリスティアン・プリシッチは、近年飛躍的に成長したタレントの1人だ。まだ19歳と将来が楽しみな年齢だが、今季はこれまで以上にチームで重要な存在となっている。パリ・サンジェルマンFWキリアム・ムバッペには及ばないかもしれないが、世界が注目する10代プレイヤーなのは間違いない。

プリシッチはアメリカ代表の選手だが、アメリカといえばバスケットボールも盛んだ。世界最高峰のリーグであるNBAがあり、アメリカ国内でも非常に高い人気を誇る。プリシッチもやはりアメリカ出身選手だけにバスケットが好きなのか、今回自身のInstagramでその腕前を少し披露している。

プリシッチは華麗なドリブルからダンクシュートを試みており、足技と同じくドリブルが得意な模様。ややダンクシュートが届き切っていないようにも見えるが、プリシッチは「このダンクのように2018年はビッグなことをする」と意気込みも綴っている。

プリシッチは173cmと小柄で、バスケットボールにチャレンジするのは少々難しいかもしれない。しかし技術はなかなかのもので、身体能力の高さがうかがえる映像となっている。



参照元:Instagram

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ