ローマ、伊杯16強で痛恨の敗退 年内最後の大一番ユーヴェ戦に不安を残すも……

ユーヴェ戦の采配に注目が集まるディ・フランチェスコ監督 photo/Getty Images

「ポジティブなパフォーマンスだった」

ローマは20日、ベスト8進出がかかったコッパ・イタリア5回戦でトリノと対戦。前後半に1点ずつ奪われたローマは、試合終了間際にパトリック・シックが一矢報いるも1-2で惜しくも敗れ、ベスト16で姿を消すこととなった。

試合後、伊『Rai Sport』のインタビューに応じたローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は「残念だよ。チャンスは作っていたが、セットプレイ時の守備のミスから失点してしまった。ただ、チームがやったことを考えると、我々にとってポジティブなパフォーマンスだったと思う」と述べつつも「チャンスを活かさなければならない。ゴール前では決めきらなければならないんだ。今日の敗戦は自分たちのせいだね」と悔しさをにじませた。

そして23日の土曜日に年内最後の大一番、セリエA第18節のユヴェントス戦を控えているローマ。トリノ戦では守備に不安を残す結果となったが、ディ・フランチェスコ監督は「コッパ・イタリアで次へ進めなかったのは残念だが、(この試合で)我々のパフォーマンスが完全に否定されたわけではない。ゴール前でいつくか不運もあったからね。もし否定されていたら、私はもっと心配していたと思う」とコメントし、ユヴェントス戦は問題ないことを強調している。

はたして、ローマはコッパ・イタリア敗退から気持ちを切り替え、ユヴェントスのホームで勝ち点を奪うことができるのか。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ