今や”ファギー・タイム”はマンCのもの? 3試合続けての土壇場勝ち越しゴールに英紙も脱帽

決して諦めなかったマンC photo/Getty Images

終盤に試合を決める勝負強さ

現在マンチェスター・シティはプレミアリーグの首位を快走しているが、今週の戦いはどれも楽なものではなかった。

11月26日のハダーズフィールド・タウン戦ではオウンゴールから先制を許し、その後セルヒオ・アグエロのゴールで同点に追いついたものの、終盤まで1‐1の状況が続く嫌な展開に。それを救ったのはFWラヒーム・スターリングで、後半39分に決勝ゴールを決めて何とか勝利を手にした。

続く29日のサウサンプトン戦も終盤まで1‐1で試合は進み、このまま終了かと思われた後半ロスタイムにドラマがあった。またもスターリングが右足で美しいシュートを決め、土壇場で勝ち越し。さらに3日のウェストハム戦も先制を許す苦しい展開だったが、後半38分にダビド・シルバが必死のゴールを決めて2-1で勝利。3試合とも終盤に決勝点をもぎ取る結果となり、勝ち点を落としても不思議はない展開だった。これまで爆発的な攻撃力を武器に相手を圧倒していたマンCとしては美しくない勝ち方かもしれないが、英『Daily Mail』はこの3試合が非常に大きいものだったと称賛している。

かつてマンチェスター・ユナイテッドやエヴァートンでプレイしたフィル・ネビル氏は「グアルディオラがシティの監督になってから最高の1週間だったと思う。彼らには信念、諦めない能力がある」と最後まで戦う姿勢を絶賛。

かつてはマンUが試合終了間際に劇的なゴールを決めることが多く、この時間帯はファギー・タイムと呼ばれていた。しかし同メディアは「今ではマンCがマンUになった」と伝えており、昔のマンUを見ているかのごとくグアルディオラのチームは勝負強い。

こうした苦しい試合で勝ち点3を拾えるチームこそ真の強者であり、マンCが首位を独走している理由だ。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ