イタリアサッカー連盟のタベッキオ会長、辞任を表明 苦し紛れの暴露も……

辞任を表明したタベッキオ氏 photo/Getty Images

ヴェントゥーラを監督に選んだのはリッピ氏

イタリアサッカー連盟(FIGC)は20日、会長を務めていたカルロ・タベッキオ氏が辞任を表明したと発表した。なお、90日以内に新会長を任命する選挙を行う予定とのことだ。

先日行われたスウェーデン代表とのロシアW杯・欧州予選プレイオフで敗れ、60年ぶりにW杯予選で姿を消すこととなったイタリア代表。今回の結果を受けて、FIGCは指揮官を務めていたジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を15日に解任していた。さらに、指揮官を招へいした会長らの責任を問う声も挙がっていたが、20日に行われた会合でタベッキオ会長は自らその職を降りることとなった。

その後、記者会見へ出席したタベッキオ氏は「4名の監督候補がいた中で、ヴェントゥーラを監督に選らんだのはリッピなんだ。プライベートでのディナーの出来事だったから話すことはなかったがね」と明かし、ヴェントゥーラ監督を選択したのが2006年のドイツW杯でイタリア代表を世界一へ導いたマルチェロ・リッピ氏であることを暴露した。その上で「ヴェントゥーラの責任は私が負う。W杯出場を逃した代償は私が支払う。イタリア代表の選手たちは真面目に取り組んでいたし、W杯出場するに値してたと思う」とコメント。やはりタベッキオ氏の言葉を聞く限り、会長辞任は本望でははさそうだ。

はたして、次期会長は誰が務めるのだろうか。また、新会長、新指揮官のもとで、イタリア代表は復活を遂げることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ