エディ・ハウの後任にロベルト・マンチーニが浮上? ニューカッスルの欧州出場権争いからの脱落は想定外か

苦しい戦いが続くエディ・ハウ photo/Getty Images

FAカップからも敗退

16日に行われたFAカップ準々決勝、ニューカッスルはマンチェスター・シティと対戦。0-2で敗れ、ベスト8で姿を消した。

プレミアリーグでは10位に甘んじており、昨シーズン4位と躍進したことを考えるとニューカッスルの現状は少し物足りない。チャンピオンズリーグではパリ・サンジェルマン、ドルトムント、ミランと同じグループFに入ったが“死の組”を突破することはできなかった。

英『HITC』は、ニューカッスルのオーナーであるPIF(パブリック・インベストメント・ファンド)は今季のクラブの調子に大きな懸念を抱いており、エディ・ハウが指揮を執り続けられる保証はないと伝えている。そして同メディアは後任候補にプレミアリーグ優勝経験のある元マンチェスター・シティ監督の名前を挙げた。
「ロベルト・マンチーニは昨年サウジアラビア代表の監督に就任したことで知られ、すでにPIFと強いつながりがある。マンチーニはPIFが求める監督像の条件を満たしている。リーグ優勝を含む豊富な経験を持つ人物。マンチーニはプレミアリーグ優勝の経験もある。2012年にマンチェスター・シティを史上最も劇的なタイトル獲得へと導いた。マンチーニは、現在のシティを築き上げた立役者であり、PIFは最終目標であるプレミアリーグ優勝を成し遂げる鍵となる人物とみている」

「エディ・ハウは残りのシーズンでPIFに監督交代を行わないようなパフォーマンスを見せる必要がある。PIFのプランにトップ4どころかトップ6の争いからの脱落という計画は含まれていない」

しかし、英『TBR Football』は「現状ではハウが解任されるのは厳しいだろう」との見解を示した。

「確かにパフォーマンスは良くないが、怪我人やMFサンドロ・トナーリの状況は考慮されるべきだ。昨季、ニューカッスルは大きな躍進を遂げたが、間違いなくそれは早すぎた。現在ニューカッスルは苦戦しているように見えるが、それは昨年が良すぎたからだ」

上位進出へ負けられない試合が続くニューカッスル。エディ・ハウは残されたリーグ戦でどのような戦いを見せられるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ