レアルの「10番」はモドリッチからムバッペへ PSG退団意向受けていよいよレアルが動き出すか

いよいよムバッペのレアル移籍が動き出す photo/Getty Images

ムバッペ側は給与減も辞さない構えか

パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペの、長きにわたる移籍の物語はいよいよクライマックスを迎えるようだ。

ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏などが報じたところによると、ムバッペはPSGのナセル・アル・ケライフィ会長に今シーズン限りでの退団の意向を伝えたという。これにより、かねてからムバッペ獲得を狙っていたとされるレアル・マドリードが、給与面の条件などで本格的に動き出すことになる。

英『Daily Mail』は、これはムバッペ側が金銭的な要求を下げる用意があるという明確なサインだと報じている。現在のムバッペの給与は税引き後で年俸2140万ポンドにも及ぶとみられているが、レアルがここまでの給与を与えることはないだろうとされてきた。ムバッペ側はある程度の給与減をのむ用意があるようだ。ただ序列としては最上位にあるようで、レアルがジュード・ベリンガムやヴィニシウス・ジュニオールの給与を上回る待遇をムバッペに与えるつもりだと同紙は報じている。
また、8500万ポンド以上にものぼるとされる契約金を支払って、肖像権の何%かを保有するための交渉も開始されるという。

おそらく今夏に退団することになるルカ・モドリッチの背番号「10」をムバッペが継承するだろうとも報じられている。二転三転したムバッペのレアル移籍だが、いよいよ実現のときが近そうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ