レヴァンドフスキ、ハーランド、バレッラ、モドリッチらはどうなる EURO2024出場危ういスター選手たち

レヴァンドフスキ擁するポーランドも苦しい戦いを強いられてきた photo/Getty Images

勝負のグループステージ最終盤へ

EUROは予選から厳しい戦いを強いられる。EURO2024予選もグループステージの大詰めを迎えているが、出場が危ういスーパースターたちが何人もいる。

英『The Sun』が今月の戦いを前に危険水域にある選手とチームを取り上げているが、まずはグループAのノルウェー代表だ。

ここは何と言ってもマンチェスター・シティFWアーリング・ハーランド、アーセナルMFマルティン・ウーデゴーの2大スターが予選当初より注目を集めてきた。しかし、グループAはすでにスペイン代表とスコットランド代表が予選通過を決めている。現在3位のノルウェーはプレイオフ出場権を懸けての戦いが続いており、同国史上最高クラスの才能と言っていいハーランド&ウーデゴーを抱えながら今回のグループAを勝ち抜けなかったのはショックが大きいだろう。
前回王者イタリア代表も危ない。グループCではイングランド、ウクライナに次ぐ3位に沈んでおり、本大会へのストレートインが叶うか微妙な状況にある。GKジャンルイジ・ドンナルンマやインテルMFニコロ・バレッラなど実力者が揃っているだけに、前回王者が本大会へ出場できないのは寂しすぎる。今月は20日に最終戦でウクライナと対決するため、ここでの勝利は絶対だ。

グループDでは、昨年のワールドカップ・カタール大会で3位に入ったクロアチア代表が少々ピンチだ。立ち上がりはまずまずだったが、中盤戦からウェールズが勝ち点を伸ばしてきた。このグループはすでに首位トルコが予選通過を決めており、現在は2位ウェールズと3位クロアチアが勝ち点10で並んでいる。クロアチアはラトビア、アルメニアとのゲームを残しており、格下の両チームから確実に勝ち点6を奪いたい。レアル・マドリードMFルカ・モドリッチ、マンチェスター・シティDFヨシュコ・グヴァルディオルらタレントが予選で消えるのはあまりに惜しい。

グループEでは、予選途中に監督交代にも動いた3位・ポーランド代表だ。現在はアルバニアが勝ち点13で首位、2位が勝ち点11でチェコ、そして3位が勝ち点10でポーランドだ。FWロベルト・レヴァンドフスキにとっては最後の大舞台となる可能性があり、このままでは終われない。17日に2位チェコとの直接対決を予定しているため、ここで一気に2位へ入りたいところ。

いずれも所属クラブではスターとなっている選手ばかりだが、EURO本大会へ進めるだろうか。まだプレイオフも残っているが、いずれにしても上記のチームと選手たちは安心できない状態にある。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ