ムバッペを完封できる守備者は彼しかいない シティの攻守に貢献する万能型SB

PSG戦でも右サイドで躍動したカイル・ウォーカー photo/Getty Images

年々、成長している

昨季のCLラウンド4の再戦となった、CLグループAマンチェスター・シティ対パリ・サンジェルマンの一戦。今回も両者が良さを出し合う素晴らしいゲームとなったが、2-1でシティが競り勝っている。パリ側もリオネル・メッシ、キリアン・ムバッペ、ネイマールからなる『MMN』が機能したが、あと一歩及ばなかった。

シティとしてはグループステージ第2節のリベンジに成功したわけだが、この試合でもDFカイル・ウォーカーの活躍にチームは助けられている。

トッテナムから加入以降、不動の右サイドバックであるウォーカー。イングランド代表でも序列は最上位であり、今最も評価されている右SBといっても過言ではない。

そんなウォーカーの武器はいくつか挙げられるが、まずは対人性能が突出している。この試合では前半でムバッペ、後半でネイマールと異なるサイドアタッカーと対峙しているが、ほとんど抜かれることはなかった。特にフランス代表FW相手には滅法強く、何度もボール奪取を成功させている。それでいて、攻撃面でも違いを生み出すことができ、ラヒーム・スターリングの同点弾のシーンでは素晴らしい抜け出しからクロスを供給。ゴールの起点となった。

このように攻守両面で活躍したウォーカーだが、彼のようなタイプの選手は貴重か。現代サッカーでのSBのタイプは主にリヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルドのようなアタッカータイプ、日本代表の中山雄太のような司令塔タイプ、マンチェスター・ユナイテッドのアーロン・ワン・ビサカのような守備者タイプなどに分別できるが、ウォーカーはどのタイプにもなれる万能性を持っている。

因縁の相手であるPSG戦で素晴らしいパフォーマンスを披露したウォーカーだが、年齢を重ねるごとに成長している。既に31歳の選手だが、今後はどのように成長するのか非常に興味深い。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ