浦和の守備に綻びを入れたのはGK? 攻撃でも起点となれる横浜FMの新守護神

高丘が攻撃の起点となった photo/Getty Images

1-2で敗戦するも

横浜F・マリノスは明治安田生命J1リーグ第36節で浦和レッズと対戦。敵地で行われた一戦は、1-2で敗戦した。浦和のスペースを消すコンパクトな守備を打ち破ることができなかった横浜FMだが、終了間際にGK高丘洋平のキックが浦和の守備に綻びを入れた。

2点ビハインドを追いつくために攻勢を強める横浜FMにゴールが生まれたのは84分だった。高丘のキックから左サイドを崩していくと、前田大然のクロスを逆サイドの水沼宏太が折り返し、最後はレオ・セアラが決めて1ゴールをゲット。1点差としてチームに勢いをもたらした。

このシーンは高丘の自陣からのFKから始まったプレイだった。高丘は球威が強くスピードのあるボールを前線に供給。前田は簡単にそれを収めたことで攻撃につなげているが、高丘のキックによって戻りが遅れて後手を踏んでしまう。その隙を見逃さなかった横浜FMが、コンパクトだった浦和の綻びを突いてゴールを奪った。

その綻びを入れたのが高丘のキックだろう。精度の高いキックを蹴ることができる同選手だが、ここでは力強いボールを入れることで、チームの勢いを増すことに成功。その結果、1点へとつながったのだ。守備だけでなく攻撃でも起点となれる横浜FMの新守護神に今後も注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ