アウェイでのゴール0、ボールロストは“29回” バルサの神・メッシへの疑問

まだ本調子とは言えないメッシ photo/Getty Images

今節はカディスに敗北

バルセロナが上手くいかない時、どうしても批判は10番を背負うFWリオネル・メッシに集まってしまう。

中でも今季目立っている批判が「ボールロストの多さ」だ。5日にはカディス相手に1-2で敗れてしまったが、スペイン『Mundo Deportivo』によればこのゲームでメッシは29回のボールロストがあった。これは今季最多の数字だ。

他にもメッシは0-1で敗れたアトレティコ・マドリード戦でボールロスト23回、1-1で引き分けたアラベス戦で27回、1-3で敗れたレアル・マドリードとのクラシコでは26回のボールロストを記録。メッシにボールが集まるため仕方がないところもあるが、メッシがボールを失ったところからカウンターを受けることも珍しくない。結果が出ていれば問題視されないが、勝てなかったゲームではボールロスト数が指摘されるのも仕方がないか。

またアウェイでの成績も気にかかる。今回敗れたカディス戦もアウェイゲームだったが、今季メッシはまだアウェイでのリーグ戦で1点も奪えていない。今季はアウェイでヘタフェに0-1、アラベスに1-1、アトレティコに0-1といくつか勝ち点を取りこぼしており、メッシが不発なことも影響しているか。

すでにバルセロナはリーグ戦で4敗を喫しており、優勝へこれ以上の取りこぼしは許されない。そのためにはメッシがペースを上げるしかないが、中盤戦から本来のパフォーマンスとなるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ