“韓国のリベリ”!? バイエルンでCLデビュー果たす19歳に集まる注目

バイエルンに所属するチョン・ウヨン photo/Getty Images

アジアにも伝わる衝撃

日本人選手がなかなかチャンピオンズリーグでプレイできない中、アジアのライバル・韓国が誇る19歳のFWチョン・ウヨンが27日のグループステージ第5節・ベンフィカ戦でバイエルンの一員としてチャンピオンズリーグデビューを果たした。

チョン・ウヨンはウイングを本職とする選手で、今年1月にバイエルンへ加入している。普段は下のカテゴリーであるレギオナルリーガでプレイしているが、そこでは6得点3アシストときっちり結果を出している。

ブンデスリーガ公式は「チョン・ウヨンとは何者だ!?」と特集しているが、19歳のアタッカーがバイエルンでプレイするのは簡単なことではない。しかし評価は高く、同サイトはこのまま成長すればバイエルンFWフランク・リベリの後釜になるかもしれないとの見方まで示している。

身体能力が高くスピードがあり、テクニックも申し分ない。リベリが35歳と大ベテランの域に入ったことを考えると、チョン・ウヨンは将来への興味深いオプションとなるだろう。

当然日本代表にとってもチョン・ウヨンは脅威となる。リベリの他にもアリエン・ロッベン、キングスレイ・コマンもバイエルンには控えているが、今後バイエルンでチャンスを得ることができるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ