川崎、“風間・グランパス”撃破で首位浮上 “特別な試合”の勝利に鬼木監督「ホッとした」

川崎の指揮官として2年目を迎えた鬼木監督 photo/Getty Images

チームにとって収穫

川崎フロンターレは18日、明治安田生命J1リーグの第4節で風間八宏前監督が率いる名古屋グランパスと対戦。途中出場を果たしたFW大久保嘉人のヘディング弾で、1-0の勝利を収めた。この結果、リーグ戦で2連勝を飾った川崎は首位に浮上している。

試合後、インタビューに応じた鬼木達監督は「アウェイでしたが、本当に多くのサポーターが来て下さって、名古屋のサポーターの方もそうだが、そういう中ですごく気持ちの入った良いゲームを選手たちがしてくれた」とコメント。クラブの公式サイトが伝えている。

そして、名古屋戦を「開始から自分たちらしいサッカーをしようとゲームに入りました。守備のところの球際とか、攻撃のときに出ていくところとか、前半からすごく良くやってくれたと思う。セットプレイではあったが、良い形で点が取れた。最後に連続でコーナーキックはあったが、最後まで集中して隙を見せずに戦えたこと、これは本当にチームにとって収穫」と振り返った。

さらに質疑応答の際には、風間監督が対戦相手ということで「どんな気持ちで戦ったのか」と聞かれた鬼木監督。「特別なことというか、まわりの方々から言われていたので……。話題として注目されるということは、自分たちとしては、プロスポーツとしては素晴らしい事だと思う。そういう中で自分たちが勝てたということに、ホッとしている」と答えている。

また、チームの象徴であるMF中村憲剛は「勝ててよかった」と口にしつつ、得点シーンについて「相手のセットプレイの守り方は、同じやり方をしているので、自分たちがやられて嫌だなというのをやった。相手のラインは、前は下がっているけど、後ろが下がっていないとか、バラつきがあるというスカウティングがあったので、ヨシト(大久保嘉人)がフリーになっていた」と明かした。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ