日本代表で最も危険なのはジャガーか 独メディア「浅野はワールドカップ行きを心配している」

出場機会ない浅野 photo/Getty Images

監督交代で出口見えず

クラブで出場機会を得ていない選手を代表に呼ぶのは難しい。これはサッカーファンなら誰もが理解していることだが、今日本代表候補で1番危険なのはシュツットガルト所属のFW浅野拓磨だろう。

シュツットガルトでは今季途中に指揮官がハンネス・ヴォルフからタイフン・コルクトに交代し、浅野の立ち位置は大きく変わった。リーグ戦で最後にプレイしたのは12月中旬のバイエルン戦で、そこからは出場機会がない。

独『90min』も「浅野はワールドカップ行きを心配している」と伝えており、状況が好転しなければワールドカップ本番で召集するのは難しいだろう。浅野だけでなく、コルクトに代わってからはチーム得点王だったチャドラック・アコロや、アナスタシオ・ドニスらも出場機会の確保に苦労している。しかし、浅野は彼らよりもさらに序列が下になっているように見える。

同メディアは指揮官交代が浅野にとって致命的なものになるかもしれないと伝えているが、ワールドカップ出場を決めたオーストラリア代表戦で先制ゴールを奪ったジャガーはここから復活できるのか。海外組の中で最も出口が見えず苦戦しているのが浅野かもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ