「酒井はフランスで知られていなかったが……」 仏の名門で地位築いた日本代表DFをメディアも称賛

マルセイユで成長する酒井 photo/Getty Images

ガルシアのチームですっかり主力に

マルセイユで日本代表DF酒井宏樹がここまで活躍すると予想した者がどれほどいただろうか。2009-10シーズンを最後に国内リーグのタイトルは獲れていないが、マルセイユはフランスを代表する名門だ。そこで日本人サイドバックが主力となっているのは見事だ。

仏『Le10Sport』も改めて酒井の働きを称賛しており、「2016年にハノーファーからやってきた時、フランスで彼は知られていなかった。しかし酒井はルディ・ガルシアの下で地位を確立した」と伝えている。クラブとの契約も2021年まで延長しており、最終ラインに欠かせない選手の1人になっているのは間違いない。

今季はブナ・サールを右サイドバックにコンバートする試みが行われたこともあり、酒井が左サイドに回るケースも増えている。しかし酒井はその役割にも上手く適応しており、両サイドをこなせるようになれば大きな武器になる。

チームも今季は好調で、リーグ戦でもパリ・サンジェルマンに次ぐ2位に入るチャンスがある。ヨーロッパリーグでもベスト16まで勝ち上がっており、タイトル獲得も夢ではない。来季はチャンピオンズリーグでプレイする可能性もあり、酒井とマルセイユは大きく成長している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ