オーリエのPK献上にファーディナンド氏も激怒 後方からのチャレンジに「軽率」とバッサリ[映像アリ]

右サイドバックで先発したオーリエ photo/Getty Images

PKが決まっていれば最悪の展開

トッテナムは13日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでユヴェントスと対戦し、2-2の引き分けに持ち込んだ。早い段階で0-2とリードされたことを考えると、2-2まで追いついて2ndレグを迎えられるのは大きい。しかし、前半終了間際には悪いプレイもあった。

右サイドバックを務めるセルジュ・オーリエがドリブル突破を仕掛けてきたドウグラス・コスタをペナルティエリア内で倒してPKを与えてしまったのだ。コスタのドリブルにキレ味があったとはいえ、オーリエのチャレンジは完全に後方からのものだった。PKとの判定に言い訳することはできないだろう。

英『BT Sport』によると、このプレイには元マンチェスター・ユナイテッドDFリオ・ファーディナンド氏も激怒している。同氏は、「DFとして私が彼を評価することはない。彼は軽率で、頻繁にチームを失望させている」とコメント。無茶なチャレンジに出たオーリエを擁護することはできないようだ。

これはゴンサロ・イグアインが外してくれたものの、これが決まっていれば1-3とリードされた状態でハーフタイムを迎えることになっていた。そうなれば選手の士気にも影響が出たはずで、アウェイゴールも重くなってくる。あのままコスタに突破を許しても失点の危険があったが、オーリエはもう少し冷静に対処すべきだったか。



参照元:youtube


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました。

ダウンロードはこちらから(iOS版)
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/


記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.195 欧州が讃えるサムライ・フットボーラー2018
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ