ローマ一筋トッティが得たタイトルより重要なもの 「今なら私は2億ユーロ」

ローマ愛を貫いたトッティ photo/Getty Images

2004年にはレアルからオファーを受ける

近年は移籍金や年俸の額も異常なレベルまで上がり、優秀な選手は次々とビッグクラブに引き抜かれている。ローマ一筋でプレイした元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティのような選手は今後生まれないかもしれない。

トッティは世界トップレベルの選手と高い評価を得てきたが、ローマ愛を貫いたこともあってタイトル獲得数は少ない。しかし伊『sky Italia』によると、トッティはタイトルの代わりにローマで得たものもあると語り、1つのクラブでプレイを続けたことに後悔はないようだ。

「2004年にレアル・マドリードから重要なオファーがあった。だけど私は多くのタイトルを諦め、1つのユニフォームを着続ける決断をした。そのかわり、私は他のクラブでタイトルを獲得するよりも重要なものである愛や情熱を得たんだ。今なら私の移籍金がいくらか?2億ユーロだと思うよ」

ローマは2000-01シーズンにセリエAを制覇したが、それ以降はトッティがどれだけ頑張っても2位が限界だった。レアルに移籍する道を選べばタイトルはかなり増えただろうが、サポーターからこれほど愛される存在にはならなかったはずだ。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました。

ダウンロードはこちらから(iOS版)
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ